TEL 0798-45-6111(代)

後期レジデント/関連病院

五明 祐介

兵庫医科大学病院の糖尿病・内分泌・代謝内科のレジデントの五明です。兵庫医科大学を卒業後、他病院で初期研修を行いました。今年度よりレジデントとして研修を行っております。

学生の頃から糖尿病の治療に漠然と興味があり、この領域に進みたいと考えておりました。

現在、様々な疾患を背景に持つ糖尿病患者さんの血糖管理をしています。具体的には、1型糖尿病のインスリン量の調整、2型糖尿病の治療見直し、糖尿病の教育入院、手術前後の患者さんやステロイドを使用する患者さんの血糖管理などです。主科と他科で多くの症例を診ることができます。

数ヶ月経過して思うことは、治療だけでも食事療法、運動療法、薬物療法など多くの選択肢があり、患者さんの年齢や生活背景を考えながら選択をしていかなければならないこと。糖尿病は急性および慢性合併症があり、目先のことだけでなく、数十年先のことも考えてその発症予防と進展阻止に努めなければならないこと。それらを日々の診療で感じております。


中川 拓也

私は兵庫医科大学を卒業後、母校である兵庫医科大学病院で初期研修を2年間行いました。その後、兵庫医科大学病院の糖尿病・内分泌・代謝内科に入局し、現在後期レジデントとして日々勉強させていただいております。

学生時代から糖尿病・内分泌の分野に興味を持っていましたが、自分の周りにはこの分野に苦手意識を持っている方が少なからずいました。そうした友人と共に勉強していく過程で、糖尿病及び内分泌疾患の知識をもっと習得したいと思い入局しました。

現在は糖尿病グループにローテーションさせていただいております。糖尿病患者の教育入院では様々な検査で糖尿病の評価を行い、今後上手につきあっていくための指導を行っております。患者さんへ指導する際には、それぞれの生活習慣に配慮した方針を考えることが出来るため、難しい点もありますがやりがいを感じております。また当科は、他科からのコンサルテーションが多く、病態の異なる様々な患者さんに対して適切と思われる血糖管理を限られた時間で行っていきます。多くの科の診療を見ることで自分の知識のアップデートも行うことが出来ます。

当医局はアットホームな雰囲気で、女性医師も多く在籍しており、職場としては働きやすいと思います。指導医の先生方に優しく丁寧に教えていただきながら、糖尿病・内分泌という専門分野だけでなく内科医としてもスキルアップが可能となっております。

糖尿病・内分泌の分野に少しでも興味をお持ちの方は是非、医局に見学に来てください。